スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2015.09.10 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

タイ 女一人旅 旅行記◆ В各目(前半)

3日目。
旅のハイライト。
この日から、タイでは水掛け祭りという旧正月の国を挙げての行事が行われる期間に入りました。この期間が一番暑くなるので、街の人も村の人も観光客も、誰彼かまわず冷たい水をかけあいまくるのです。三日間も。

それがあって、私の旅も、予定外・想定外。
人に振りまわされてなりゆきに身を任せて、一人では味わおうともしなかったことを体験できた一日だった。強烈で忘れられない!


AM7:00
オプショナルツアーでバンパイン宮殿とアユタヤ遺跡へ。

私のホテルからは私と4人組のご家族が、他のホテルからはカップルをピックアップして、チャオプラヤ川のクルーズ乗り場へ。
今思うとボッチ旅でなぜランチビュッフェ付のクルーズまで付けたのか分からないが、気さくなカップルのヨウさんとケイさんが一緒に食べようとビュッフェを誘ってくれたのが始まりだった。


デッキで風にあたって、チャオプラヤ川と対岸を眺めながらお互いのことを話す。
ヨウさんとケイさんは静岡の沼津出身。
もとレーサーの今は経営者のヨウさん。バリっとしてて頼りになる様子や社交的な感じが、とても経営者らしかった。
ドリンクおごってくれながら、一人旅なんてすごいね〜と感心された。

川岸にはワットアルンやワットプラケオが通り過ぎ、だんだんと郊外へ。
3人で一時間ほどビュッフェやクルーズを楽しんだ。
ビュッフェでは、見慣れないアジアンスイーツや南国フルーツを一気に食べれた。
マンゴーやドラゴンフルーツ、ココナッツアイス、甘いモチ米、タイでよく見るハーブの黒いゼリー。
味見だけで満足しちゃうのが大半。


船上で写真撮ったり昼寝してるうちにバンパイン宮殿に到着。

王の離宮だったとかで、めっちゃ広くて豪華。

けど、この日のタイ人ガイドのポンちゃんいわく、まだここは序の口なので、さっさと回りましょうと。

とにかく(無駄に)広大なので、運転できる4人乗りの有料カートが配備されている。
元レーサーのヨウさんが見るやいなや、これに乗って回ろうと促し、(全員分の費用はオレが持つ!と)歩かないで回れたり。
あとで思ったが、ここは歩かないで正解!!
この後アユタヤで、日差しの中イヤでも歩くことになるから・・・。

わりと有名らしいみどりのゾウ。

さーっとバンパイン宮殿を主要な部分を見て、ワゴンでアユタヤへ。
昼も過ぎたので、車中からは郊外の水掛け祭りの様子が見れた。
郊外の水かけ祭りのスタイルは、とりあえずバイクやトラックの荷台に乗って道路をぶっとばす。(バイクはノーヘルも多い)
そして、あちこちの脇道で水をかけようとポリバケツに水を汲んで待機している村人がいて…。

こうなる。↓






あとで、ポンちゃんからいろいろ聞いたことによると、バイクや軽トラに乗って農道をぶっとばすのは若い子が多いらしい。若いタイ人の通過儀礼みたいなものか。
ポンちゃんも若いころはやったらしいが、今はアラフォーに差し掛かり、やらなくなったのだとか。

トラックの荷台に大勢で乗りあう、ゲリラ兵のような水かけ部隊たち。
荷台には水の入った巨大なポリタンク。(要所要所でちゃんと給水している)

怖いお面とかカツラとかかぶってて、並走するたびにギョッとする。
で、窓ごしに水をぶっかけられる。

そんなこんなでアユタヤ到着。バンパインから1時間弱ほど?

まず目に入るは巨大な涅槃像。ワット・ローカヤースッター



おなじみの足の裏に金箔をはるお布施(写真は知らない人です、スミマセン)
線香とロウソクが付いて20Bくらい。
なんと、お布施代なども全部ヨウさんが出してくれました。
嬉しいけれど申し訳ないような。

曇っててありがたいくらいの日差しと暑さ。


とにかくこのような袈裟を付けた仏像を


一生分見ることになります。まだまだアユタヤの序の口。


ワット・プララーム周辺の遺跡群。
ラピュタのような建造物。すこし傾いてたりもする。
もとは金か何かで塗装されてたそうだけど、ビルマ軍によって無残にも略奪・破壊されたのだと。



遺跡さいこ〜〜〜


こちらもビルマ軍に破壊された仏像群。
頭にルビーなどの宝石が仕込まれていたから、略奪の対象になったという話も聞いた。
頭部が破壊されてない仏像が実は、一個だけあるみたい。


とっても有名な ワット・マハタート。

屋久島ほどかと思ってたけど、そこまでの巨大感はない。
これもラピュタのようや〜。

ここで小休止。

マンゴー乗せココナッツアイスがものすごく美味しかった。

犬も暑くて寝るしかないって感じ。


そして、ここからは象にのって最大の遺跡、ワット・マハタートまで移動。
300B、象使いのチップの強要がすごい。





象に乗るヨウさんとケイさん。
ソンクラーンなので、象にお祝いのペイントがほどこされています。かわいい。

私が乗った象は若い象で、象使いも調子にのってたのか、ものすっごいアップダウンの効いた歩き(走り?)でした。
激しかった!楽しかったー!!

こんなかんじ。






















そして、極めつけのここ!ワット・プラ・シー・サンペット。
ほんとうは3つあるんだけど大きすぎてカメラに収まりきらない…



ここは自由に登っていいので遺跡の大きさを存分に楽しめました。

さて、その他残りの建物などを見てツアー終了。
18時ごろには市街に着き解散かと思いきや。

ヨウさんが夕食みんなで食べない?と私やガイドのポンちゃんを誘う。
私は二つ返事で着いていくことに。
ポンちゃんは何やら先約があったのでここでさよなら。

この夕食が経験したことの無い狂った祭り、ソンクランへと強制参加することに・・・。

その様子は後半で!

タイ 女一人旅 旅行記  1〜2日目

長く携わっていた大型作品が終了し、作品休暇を頂けることになり、急に5日間の休みができた。

周りの方に「今のうちに旅行行っておきな!」と後押しされ、その日にHISに行き、一週間後出発のタイ旅行を予約してきた。

本当はアンコールワットを見たいと思って探していたが、目に飛び込んできた往復の直行便航空券と3泊のホテルのセットで19800円の商品。即決だった。
誰に聞いても、底値すぎると言われた。

そこから初めてタイについて調べると、なんと現地の旧正月にドンピシャの日程だったのだ。
国レベルで水掛け祭りというクレイジー極まりない祭りが三日間も開催されているそうで、楽しみより不安が勝った、3泊5日の一人旅が始まった。

-------------------------------------------------

1日目:成田国際空港発11:30 スワンナプーム国際空港着17:05
AAA(アジアアトランティックエアライン)

窓側の二人席、隣に日本人男性が座って会釈。彼が熟睡していたこともあり、CAさんから彼の出入国カードを預り、起きたのを見計らって手渡すと、「お一人で旅行ですか?」と声をかけられた。
とにかく私は警戒心の塊だったので、最初は当たり障りのない会話をしてたけど、名前や職業、務め先など信憑性のある素性を知ってくうちに、自分のことも話して打ち解ける。
(今思えば、AAAはHISのチャーター便で、乗客のほぼ全員が日本の観光客〜)

彼、Tさんも一人旅で、非常に旅慣れており、英語も堪能。プロのメイクアップアーティストをしているらしく、とてもスマートな印象の方だった。
お互いエンターテイメント業界に属していることもあり、会話が盛り上がった。
Tさんはタイにもう30回以上は行っているらしく、フライト中に言葉や文化など、タイについていろいろなことを教えてくれた。
プロのメイクさんの前で完全にドスッピン眼鏡だったので、むしろ下手な化粧してるよりもいいか。などと、どうでもいいこと思ったり。
7時間のフライト、なーんも機内の設備が無かったので二人で適度に寝たり話したりして時間をつぶした。
彼は離陸、着陸時は完全熟睡してたので、飛行機事故が多くナーバスだった私はちょっと安心できた。
区画された水田が夕陽をキラキラ反射してものすごキレイだった。

偶然ホテルも一緒だったためチェックインまで同行することに。

まず空港着いて両替。成田のように広くて混雑!
両替屋も見慣れない感じで、一人では迷ってしまうところだったろう。
とりあえず1万円=2460バーツくらい。
彼の案内で、エアポートレールリンク(ARL)にてバンコク市内へ。
この順路も、一人では迷ってしまうところだったろう。彼に本当に感謝。

ラムカムヘン駅下車。
道すがら、同じホテルらしき日本人男性と3人でホテルを探し、無事ホテルにチェックイン。
Tさんには、デポジットのレシートをもらうよう忠告してもらったり、お風呂が使えないとか何かあったらルームコールしてね、言ってあげるから、と本当に親身にして頂いた。
今思うと、私の荷物が出てくるのが遅くてもずっと一緒に待っててくれたり、どんだけいい人だったんだろうと思う。
帰りのフライトも同じだったので、また会えますね、と話し、きっと会えるだろうと思った。
旅先の出会いって素直に素敵だと思った。

ホテルの部屋はさすが格安Dランク、寝るだけって感じ。ドアが板!笑

入るなりお風呂をチェックしたらお湯が出ない。まずい。
時間帯かな?と思い、ひとまず19時を回っていたが、サイアムの繁華街まで散策に出ることにした

BTS(スカイトレイン)を利用。さっき教えてもらったのでもう大丈夫。
乗り換えも問題無し。サイアムの街を歩くはずが、さっそく道を間違える。
有名なサイアムスクエアを歩くと、とにかく屋台も人もギュウギュウだった。
MBK(マーブン・クローン・センター)のフードコートが安くておいしいよ、と教えてもらってたので、向かう。
とにかくバンコクは車優先。横断歩道がない代わりに、歩道橋がものすごい長い。立川みたいだ。
MBKは22時までのはずだが、21時あたりにはもうどの店も閉まっていた・・・・。
お腹減った。うん。

そういえば一階にスーパーが入っていることも教えてもらっていた。
そこで彼はカレーペーストやら調味料を買いだめると言ってたので、私もお土産用に購入。
カレーペーストが19B、80円くらい。安すぎる。
明日の朝食のパンなどを買って帰宅。
この夜は何食べたかまったく覚えていない…。

緊張と疲れでお風呂のことをフロントに言うのもメンド臭く、やや冷たいシャワーを浴びてぐっすり。

明日のオプショナルツアーはめちゃくちゃ朝早いのだ。
しかも集合場所も初めて行くところだから不安だらけなのだった。
気が張ったまま就寝。

(バンコク:ナサベガスホテル泊)


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


2日目:ダムヌンサドゥアック水上マーケットとチャトチャックのウィークエンドマーケットへ

5:45 起床 
パンを食べたり用意してたら、時間ギリギリ。
慣れない移動に時間を取られ、ああ、もうヤバイ。集合10分前なのに、まだ乗り換えと一駅ある!
しかも指定の建物分かるか不安!てことでタクシー!拾ったら車道逆かい!てなもんでヒーコラ逆側のタクシーにタイ語で書かれた場所を示す。
到着、なんとか間に合った。建物の場所を教えてくれた感謝もあって、46Bでおつりはいらないと50B渡すとなんか嬉しそうだった。
基本タイの勘定は細かい端数は切捨て・切り上げと聞いてたんだが。
私より遅れてる人がいたので一安心。良い滑り出し。

チャオプラヤ川を通ったり、一時間くらい大型バスでゆったり移動。
有名な「線路市場」を見れたが一瞬だけ。ここはおもしろそうなので次回行ってみたい。

南国おなじみ、ココナッツファームで一度下車。(ほんとこれ不要)

小型のエンジンボートにのりジャングルクルーズを楽しむ。

10〜20分ほど乗ってようやく飽きてきたころに、水上マーケット到着。


しっかり観光地ナイズされててにぎやかだった。


イカダ船から豚肉のフォー(50B)や生マンゴー(値切って50B)、タイコーヒー(30B)を買って、激安・美味で満足。
ぼーっと風景を見ながら食べる。



Tさんに、水上マーケットのお土産は観光地価格だから買わない方が良いよと忠告されていたので、財布のひもが固め。



13:00
アソーク駅 帰着。
HISカウンターがあるのでフリーWiFiが繋がらないかトライ。
結果、WiFiは繋がったのにネットが応答せず。もういいか、と諦める。
アソークには「ターミナル21」という大型ファッションビルがあるので、とりあえず見てみる。

中は空港を模した感じでフロアごとに「東京」や「ローマ」など地名になっており、各都市の特徴をとらえた造り。フードエリアもあったので、適当に店に入り、グリーンカレー(200B)注文。

うまい!辛い!!具が南国野菜!!タイ米あう!
今後なにかとターミナル21にはお世話になることに。


お腹いっぱいになってだいぶ元気が出たので、遠いけどチャトチャックのウィークエンドマーケットへ繰り出す。
駅からの行き方調べてなかったが、観光客に付いてったら自然と着いた。今日は日曜日。土日限定で、明日以降はやってないので今日しかない!

15時半ごろかな、チャトチャック到着。


人も多いが店も多い。まさに迷路、カオスな感じだった。
途中、マッサージの客引きを受ける。30分160B。無視して通り過ぎたが、Tさんに1時間400Bが相場、と聞いてたので、めっちゃ安くない?と思って、戻って案内してもらう。
結局1時間250Bの足マッサージを受ける。店内に入るとタイガーバームのにおいがスーッとして気持ちいい。
若くてきれいなお姉さんが施術してくれた。途中、「ショルダー?」と言ってきたので、「ぜひ!」とお願いした。願ってもないサービス。

めちゃくちゃ気持ちよくてうっとり。入れ替わり立ち代わり、欧米人や韓国人など入ってきた。
とても満足だったのでチップ込で300B支払う。こういうチップ制度はいいなと思う。
さて、ホテルのデポジット1000Bの支払いで現金がほとんど残ってなかった。
チャトチャックはマジでスリが多いと聞いていたので、わざとではあるが、しまった、何も買えない。
夕方近くでは、両替屋も閉まってしまっていた。
とにかくチャトチャックは仕入れ先って聞いてたので、確かにどれも安かった。
この日はまだ相場を分かっていなかったのもあり、トルコ石のブレスレットくらいしか買わなかった。
帰りの電車賃40Bを握りしめて、ちょっと切ない気持ちでうろついた。


ライトの問屋。


いたるところで地べたで犬が行き倒れている。


アート販売やハンドメイド販売のエリアもおもしろかった!
どこもクオリティが高かった。


昼間っから酒のんでビンの王冠でボードゲームしてるオヤジ。

現地のこういう日常を見るのが好きだ。

あ〜もっといろいろ買いたかったなー。


ソンクランが始まっていた。
並べられた仏像に、順番に花びらの入った水をかけていく。目に美しい儀式。

魔窟のようなマーケットからでると空が恐ろしく曇っている。ゴロゴロ言ってるし雨が降ると思ったので、早々に電車で脱出。

さて、アソークに戻ると地下鉄にやたら人が座り込んでダラダラしている。
どうした?と思って地上に上がると、もんっのすっごい大嵐になっていた。なるほど。後で、この日赤い雷を見たとも聞いた。
サイアムをリベンジしようと思ってたけど、とても歩ける状態ではなく。仕方がないので、直結しているターミナル21で嵐が過ぎるのを待つことに。

必ず両替所があるので、予備で持ってた2000円も両替できた。
たかだか2000円でハンパない安堵感。530Bくらいだけど、遊ぶのに十分な金額。タイいいなぁ。

お腹へったので地下のフードコートの「ミス・サイゴン」でいろんな具の乗ったフォーを注文。100B、安すぎる…。
甘く酸っぱく辛く、美味しかった。
ミス・サイゴンも今後お世話になることに。
今気づいたけど、サイゴンってベトナムじゃん。まぁいいか。

明日の朝食のパンも買い、22時にはホテルに。

そうだ、今日はフロントに言わないと。シャワーのお湯の件を話すと、ドアマンが点検しに来てくれた。なんと、ボイラーのスイッチが入ってなかったのだった。

あ、すでに入ってるのかと思ってたけど、自分で入れんのね!

やってもた〜な感じだったが、お湯が出た嬉しさでチャラ。

割とケチケチ旅行な二日目でした。テレビも見ず早々に寝ちゃった。
明日はアユタヤだ〜!


(バンコク:ナサベガスホテル泊)

吉祥寺感

最近、吉祥寺にあるハンモックカフェに行った。



ここが、ハンモックのユラユラに癒されてすごく良かったのだけど、

それよりも、店の中にアンティーク品を並べた店(マルシェっていうのか)を出している人がいたり、

その人が美大生と進路について相談に乗ってあげてたり、

店の壁で写真展をしてたり、

私達の後ろの席でおそらくその写真家と友人たちが写真論議してたり、

いきなりお客さんの一人がお店の客全員にチョコを配ってくれたり、(ちょうどホワイトデーで頂いたらしく)

中道通りに店をかまえるおばあさんが常連な感じで入ってきたりとで、

とにかく「ザ・吉祥寺」な店だった。

これで私と夫が熱く作画談義でもしてたらもうバッチリなのかもしれないが。


夫は吉祥寺14年目になるが、普段ヨドバシや西友などの行動範囲なので、
吉祥寺が舞台の映画の中では見るが、こういう店が本当に存在することに衝撃だったそうだ。


これを機に、夫は吉祥寺カフェめぐりに目覚めたっぽく、ちょっと私はワクワクしている。

コーヒーもケーキもすごくおいしかったし 仕事帰りにでも行きたいなー!


 


植物にとっては最高の季節の到来。



休眠から覚めてようやく芽や根が出てきた。
ワクワクする季節。



冬でもこんだけ伸びてはいたけど。植物って関心するよほんと。


旅立ちと別れの季節。

そして出会いの季節。


春。

2014年 買ってよかった家電No1

何だと思いますか〜。

人それぞれのライフスタイルによって、買ってよかった家電って違うと思うけど、
我が家ではこれでした。


プロジェクター!


これを買ってからは映画ざんまい。

大満足です!




年々早くなる。

あっという間の一年でもう師走。

旅行に行ったり、蚤の市に行ったり、ペット可賃貸を内見したりで、

矢のように過ぎた11月。


富士山を見に、河口湖。


初めての東京蚤の市で買ったかわいい土鍋!



こちらも初めて、近所のお祭り「関のボロ市」


今年は早めに、もう年賀状の準備中。

結婚したらこういうことちゃんとするようになるんだな、と実感。


やりたいことがたくさんある。

日常的にもっと絵をかきたい。
仕事のことをもっと勉強したい。幅を増やしたい。
家族つくりたい。
住処がほしい。
図書館に通いたい。
ちゃんと本や漫画を読んで、音楽を聴きたい。

などなど枚挙に暇がない。

仕事をしていると、時間が足りなさ過ぎる。
1ヶ月ほど仕事を休止できればいいのに。

一番手軽にやりたいことは、春になったら植物を増やすこと。
株分けして、寄植えして、もっと増やすのだ!新しい大型の子を買うのだ!

なう。冬なのでほぼ休眠期に入っている。



超ミニ寄せ植え。

振り返ると、多肉植物の飼育はかなり長い間のライフワークになっている。
前の家からだから、もう4.5年は・・・。
私、好きになったらだいぶしつこく好きなんだよな。仮面ライダー電王とか。


来年も良い年でありますよう!


けど来年までにもう一件くらいは記事描きたいな。



最近のあれこれ

 
最近行ったビルボード東京でのkokiaのジャズライブ。

お酒にジャズに六本木の夜景に、大人の階段のぼった〜。
でもkokia自身の曲が半分くらいだったので、ちょっと物足りなさもあったかな…。


先週は、夫の所属するスタジオに、結婚祝いをして頂きました。
久しぶりの人に会って話したり、大きな花束まで頂き、幸せ!



先日は夫の実家に、結婚式後はじめての訪問。
駅前で、猫が眠そうにお出迎えしてくれた。



んで、夫の誕生日も終了。
仕事が見通しの悪い状況でモヤモヤしてますが、日常はささやかな幸せでいっぱいです。
結婚ていいなーと日々感じています。

川崎ハロウィン2014

川崎ハロウィン2014に行ってきました。
がんばって口裂け&首掻っ切られメイクをしました。

メイク上がり後、夫はひたすら影から怯えた目で見ておりました。 


川崎ハロウィンとは、川崎駅の街が一体になって行われていて、
ほんとは昼のパレードがメインです。
が、死ぬほど混雑するのと、のんびりメイクしてたので、私は夕方ごろ向かいました。
仮装組やパレード目当ての客がだいぶ撤収してたっぽいですが、
相変わらずチッタは混沌とした世界で、仮装の人で混雑してました。

私もちょっとだけツーショットを撮ってもらったよ。







楽しかったな〜。
そのあとはチッタから非常に近かったので、ウェアハウス川崎というゲーセンを見に。


香港にあった九龍城をモデルとしたゲーセンで、わざと古めかしい外装になってます。



入口。
学生のころからこの九龍城が大好きで、写真集を買ったり絵を描いたりいろいろ影響を受けました。


森本ワールド全開です。






ひととおりウェアハウスの異空間を楽しんだ後、
夫の希望で、つい最近川崎駅にできた「怪獣酒場」でゴハンにしようと向かいました。


怪獣墓場」というエピソードがウルトラマンにあるそうで、それにかけているそうです。
↑かなりおもしろい回でした。シーボーズがかわいすぎて…。

でもすごい行列で入れなかったんだよね〜。

誕生日の人はなんとメトロン星人とちゃぶ台で写真が撮れるとか!


リベンジします、川崎!!



MARC BY MARC JACOBSのポシェット

何年か前にコチラの記事を見てから、ず〜っと欲しかった
MARC BY MARC JACOBSの鳥ポシェット。



3年ほど前シンガポールに行った際に、実用性を考慮して同じシリーズのショルダーの方を購入。(右の方)
(同じデザインのバッグを二つも揃えたのは初めて…)


ただし、やっぱデザインとしては圧倒的にポシェトの方がかわいい!…と思っていた。
しかしサイフとケータイしか入らないポシェットに2〜3万は…と思ってたら、
最近よく使っているフリマアプリで超格安で出品されてたのでゲット。

絶対黒じゃないとヤだ!と思ってたけどチャコールグレーも実際に手にすると馴染みが良かった。

これを持って歩くとるんるん気分で楽しくなります。
Petal To The Metal というシリーズ、名前までカワイイ。

しかし3年も同じものを狙っているなんて、相当好みが定まってきたのか…。


おそろいでお財布も欲しい(笑)


 

JUGEMテーマ:バッグ

自分の写真映りについて考えさせられる瞬間。

 三か月ほど前に業界説明に行ったときのことが記事にされてました。


ライターさんのおかげでめちゃめちゃかっこいいことを言ってるように見えます。
携わった作品のDVDなどを送っても、親から見たら何やってるか分からないような仕事なので、親がとても喜んでくれました・・・。


この出張から帰った次の日に入籍したんだよな〜とシミジミ。
あっという間に三か月がたとうとしています。


| 1/7PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

profile

RECENT ENTRIES

CATEGORY

ARCHIVES

recent comment

recent trackback

LINK

SEARCH

others

mobile

qrcode

PR