スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2015.09.10 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

借り暮らしのアリエッティ 感想 


記念にアリエッティでも描こうと思ったが、思い入れとキャラの記憶がなかったため、暗記している千と千尋を。

地元にて、三連休のうちに家族仲良く「借り暮らしのアリエッティ」をみてきました。

なかなか良い映画だったんじゃないかなーと思いましたが、カナリひいき目に見ちゃってるかも。
小さい頃私も、同じようにこびとの生活を妄想して絵に描いたりしていたので、嬉しくって。
女の子はああいう世界大好きだもん〜。

隣の父は始まって一時間しない内にちょっと退屈そうにしてました。それも分からん気もしない。
序盤は長めにこびとの生活を丁寧に丁寧に描いてるので、なかなか物語に起伏が出てこんな〜と感じました。
あの序盤はどーしても切りたくなかったのか…。
しかしその世界の生活スタイルを見せつつ事件を起こしていく進ませ方も、往年の宮崎監督なら軽くできてたこと。
脚本が宮崎さんだし、年をとることで見せていきたいことも変わってったんだろうなぁと思いました。(これまでの作品や著書を見ても分かる)
そしてそれを若い監督の判断で脚本にダメ出ししたり、編集で思いっきり切ったりできるのが可能な環境でもないのだろう、とあれこれ内情を想像してしまいました。
横から見ててこれマズいだろって内容の作品が進もうとしている時、スタッフ誰か止めようよ、と思ってしまいますが、そんな意見通すにはそれなりの力と地位が必要。
ストッパーがいるスタッフィングって難しいんだろうな。進みにくくなるし。
ジブリはもう、宮崎さんのアイディアや構想を利用するだけ利用できる、あとの構成をダメ出しして、力関係を転覆させる勢いと監督の器のある人材が出てくることが、繁栄と存続の鍵ではないかなと思います。


ともあれ、細かく感想を言うと、

「ショウ」というネーミングに、流行りを感じてしまったこと。上木くんGJ。
誠司くんとかぶりすぎてお姉さんデレデレ。
志田未来の舌っ足らず感が気になった。
お母さん味が有りすぎてキャラ立ってた。大竹しのぶは全然気にならなかったなあ。
樹木希林は声優としてはマイナス!キャラの演技に助けられすぎで残念なり。
藤原竜也セリフ無いwww
最後ちょっとぐっときた。
作画と美術の安定感はもう語らんでもいいよね。
お客さんいっぱいで特に子供多くてウラヤマシスなぁ。
最後に、やっぱラピュタが見たくなりました…。すみません。


以上、
お読みいただき感謝!
JUGEMテーマ:アニメなんでも



スポンサーサイト

  • 2015.09.10 Thursday
  • -
  • 15:41
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

profile

RECENT ENTRIES

CATEGORY

ARCHIVES

recent comment

recent trackback

LINK

SEARCH

others

mobile

qrcode

PR