スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2015.09.10 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

夏総括 &「コクリコ坂から」の感想



振り返ればあっとゆうまでしたー今年の夏は。
早い早い、この夏の印象は、八月末までの仕事を夏休みの宿題を貯めた小学生よろしく、休日返上で片付けたこと。
いつものことだけど、ラスト4日とかの追い上げ芸が凄かった。

そして休日出勤の中、仕事を抜け出してクリームソーダを飲みに行ったこと。

その間、制作さんが私が急にいなくなったのを事故と勘違いして、ケータイにめっちゃ着歴残ってたこと。


振り返ってみるといたって平和でした。

無事納品できたしニコッ

修羅場もいい思い出。仕事の祭り状態って、結構好き。(ただし短期間に限る)


あとは、ヨガに映画に夏祭り。出張でデカイ車の研究所に見学に行ったり、懐かしい人と連絡を取ったり、結構会社内で飲みに行ったり、新しい仕事に手を伸ばしたり。

半々で遊んで仕事して、いい具合でした。



あ、先日「コクリコ坂から」を見に行きました。
原作未読です。

感想は、、、とりあえず

水沼!!!!

でしょう。
すみません、でも、後にも先にも水沼の男前さが心に残って離れません。
ビジュアルといいしゃべり方といい、やーたまらん。
メガネ萌えってこれだったのか。
すみません安っぽい感想で。


でも確かにうちの親が絶賛するのがわかる!(3丁目の夕日とか大好き)

男子は雄雄しい。女子は凛としてケナゲ。いい時代やねー。
ほのか〜でさりげない恋愛描写がよかった。
私はどっちかっつとコロコロ表情の変わる妹さんの方が見てて楽しかったかなぁ。アンド水沼。

過度な期待をしなければ、普通にいい映画でした。邦画の実写映画見てるみたい。
普通に実写で見たかったかもなぁと思いました。(それはアカンか^^;)

しかしあの学生会館をめぐる活動が大きな話の流れになるとは思わなかったので、あわわ意外でした。
そして海ちゃんのあの家は下宿だったのか、とレビューを読んで気づいたのでした。
あそこコクリコ荘て名前だったのか。全然見てなかった。
最後まで「コクリコ坂」ってどこ?!と思ってた・・。すんませ・・。


制作については、
作画・美術へのこだわりは毎度ながらすごい感じた。流したカットなんて無いんだろうな・・。
しかしあの九龍砦のような魔窟の美術には燃えますね。掃除しなくていいのに、と思ってしまったw
私はディティールとか色使いとか細かいとこをチマチマ見てたけど、一緒に見た人の第一声は
「ほとんどのカットが中望遠だったね〜見てて気持ちいい^^」

そこか!!

お互いに見てる点が違って笑っちゃった。


あと、あのスタッフロールはやめて〜〜。
名前が見つけにくいのよう!

最後に、チケットをプレゼントしてくれた元同僚にありがとう!
すばらしい作品に携われて羨ましいな。
名前見つけられなかった・・ゴメンね・・。


JUGEMテーマ:illustration


JUGEMテーマ:映画館で観た映画



スポンサーサイト

  • 2015.09.10 Thursday
  • -
  • 14:45
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

profile

RECENT ENTRIES

CATEGORY

ARCHIVES

recent comment

recent trackback

LINK

SEARCH

others

mobile

qrcode

PR